企業年金の税金について

確定申告について

基金の年金は、個人の状況にかかわらず一律の税率で所得税を源泉徴収しているため、基金から年金を受給している間は、国の年金等の他の所得を含め、確定申告で税額の最終調整を行い、源泉徴収済みの税額を精算することができます。

確定申告に必要な当基金の「公的年金等の源泉徴収票」は毎年1月中旬に発送します。確定申告まで紛失しないよう大切に保管してください

確定申告は必要?

「公的年金等の1年間の収入が400万円以下で、かつその年の公的年金以外の所得が20万円以下の場合は、確定申告は不要」ということになっています。
ただし、当基金の年金支払額から控除している所得税額は、Q2のとおり所得控除が反映されていないため、確定申告をすることで、税金が還付される可能性があります。
税金の還付申告をする場合(=税金が戻る方)は、確定申告が必要です。

ご参照:国税庁 確定申告の記載例(公的年金等にかかる雑所得のみの場合)